2007年03月26日

若槻千夏_01(QRコードの利用方)

wakatukitinatu_01.jpg

バラエティー番組で本音トークを武器に活躍している若槻千夏さん

決してエッチ臭くないグラビアアイドルなんですが(失礼な言い方かも)

人気が高いんでしょうね




携帯電話からの手軽なWeb誘導を担うQRコード。近年はサイト誘導のみならず、一歩進んだ利用形態が登場しつつあるという。

という記事を読みました

雑誌や商品などさまざまな物品に表示され、Webで詳しい情報やクーポンを入手することができ、すでに身近な存在となったQRコード

だが2000年からQRコード関連のビジネス開発を手掛けるメディアスティック、事業推進本部の三輪信雄本部長は

「単なるWebアクセスツールとして利用するだけでなく、ユーザー情報との連携でビジネスの機会が広がる」

そんな狙いを持っていらっしゃるようです

そのカギとなるのが個々の携帯電話端末に付与されている端末ID

端末IDには、キャリアや型番など端末固有の識別情報が登録されています

携帯電話向けのWebサービスはキャリアや端末の仕様によって異なり

アクセスしたユーザーへ最適なWebサービスを提供するのに端末IDが利用されています

同社では、QRコードからWebにアクセスしたユーザーの端末IDを取得してビジネスに活用するための技術を持つという

この仕組みは、QRコードを読み取って最初にWebにアクセスした際にサーバで端末IDをまず取得する

次回以降は、端末IDを基にユーザーが次々に入手したキーワードを管理する

「端末IDを活用すれば顧客の特性を把握できる。きめの細かいマーケティングが展開できるようになる」

と三輪氏は話しています

来場促進を目的とした会員向けのメールマガジンと連動した場合

店頭にQRコードを用意して来場者にQRコードを読み取ってもらうことで、Webにアクセスした時間を来場時間として把握できる

同じ会員に重複してメールを送ってしまうといったロスが無くなるほか

好みなどの情報を登録してもらえば、適切な機会と会員にマッチしたダイレクトマーケティングが実現するという

「店頭にはQRコードを貼るだけなので導入コストの負担がほとんどない」(三輪氏)といったメリットもあるようです



私にはちょっと、ややこしい話です(笑)

まぁ今後間違いなく成長する分野なんでしょうけどね

だけどQRコードに関する面白いネタを日々ネット上で検索してはいるのですが

普及してきたとは言え、生活の一部になるほどメジャーに成長するにはもう一歩なのでしょうかね

QRコード無しの生活なんてありえない、はやくそんな日が来てくれればこのブログも少しは値打ちが出るのにね(笑)


「応援お願いします→人気blogランキングへ



そうだ顔入りQRコードを作ってみよう『目次ページ』へ
posted by 椎名 at 21:19 | Comment(1) | TrackBack(0) | 若槻千夏
この記事へのコメント
はじめまして^^ 私のブログで こちらのブログを紹介させて頂きましたので ご連絡させて頂きました。

紹介記事は http://blog.livedoor.jp/mvp10/archives/53350771.html です。
これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by みどり at 2007年03月26日 14:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。