2007年03月11日

小倉優子_02(バーコードに不向きなカラー)

ogurayuko_02.jpg

基本的にバーコードを印刷する場合、白地に黒で印刷します

読み取り精度が一番安定する組み合わせだからです

ハンディタイプのバーコードリーダーをイメージしてください

コンビニやスーパーなどで見かけたこと、ありませんか?

バーコードリーダーから赤い光りをバーコードに当てて読み取る場面を、見覚えないですか?

あれは赤い光りを当てて、その反射を機械が計測して読み取っているわけです

だから通常、赤系の色はバーコードを印刷する場合には使いません

バーコードリーダーのタイプによって、まったく読めない可能性があるためです

赤の印刷に、赤い光りを当ててもうまく計測できません

携帯電話のカメラでリードする分には影響はほぼ無いとおもいますが(たぶん)

なかにはレーザーで読むリーダーもあるので、できる限り赤い色のバーコードは使わないようにしたほうが無難でしょうね

以上、小倉優子とは何の関係も無い報告でした


「応援お願いします→人気blogランキングへ



そうだ顔入りQRコードを作ってみよう『目次ページ』へ
posted by 椎名 at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小倉優子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。